このページのメニューはJavaScriptを使用しております。
機能をOFFにされている方は、機能をONにしてから再度このページへお越しください。
(このメッセージはJavaScript機能がOFFの方にのみ表示しております。)


(公財)愛知県体育協会とは


沿革

昭和 6年12月 愛知県体育協会創立
会長 愛知県知事香坂昌康氏就任
昭和18年11月 改組し、大日本体育会愛知県支部が発足(支部長 吉野知事)
昭和21年 6月 愛知県体育協会が再発足
会長 藍川清成氏就任(戦後初代)
昭和22年 5月 会長 浅井竹五郎氏就任(戦後2代目)
昭和25年 8月 スポーツ会館竣工(中区南外堀町6)
事務局がスポーツ会館へ移転
9月 第5回国体夏季大会愛知県で開催(名古屋市・半田市)
10月 第5回国体秋季大会愛知県で開催(天皇杯・皇后杯ともに第2位)
昭和26年11月 財団法人愛知県体育協会設立認可・基本財産5,680,000円
昭和28年 9月 会長 森勇氏就任(戦後3代目)
昭和30年 1月 新スポーツ会館竣工(現自治センター付近)
4月 事務局が新スポーツ会館へ移転
7月 寄附行為改定 理事20名
昭和36年 1月 寄附行為改定 理事23名
3月 会長 桑原幹根氏就任(戦後4代目)
昭和38年 8月 愛知県スポーツ少年団発足
昭和42年 7月 寄附行為改定 理事25名
昭和47年 3月 新スポーツ会館竣工(北区名城町1)
4月 事務局が新スポーツ会館へ移転
昭和48年 4月 寄附行為改定 理事35名
昭和50年 3月 加盟団体規程を改正、全市町村88体育協会直接加盟となる。
8月 会長 仲谷義明氏就任(戦後5代目)
昭和58年5月 会長 鈴木礼治氏就任(戦後6代目)
昭和60年10月 基本金増額(1億円)募金推進委員会発足
昭和62年10月 事務局が愛知県教育会館(中区新栄1)へ移転
昭和63年 3月 寄附行為改定(専務理事新設)
平成元年 3月 基本財産122,530,000円となる。
5月 寄附行為改定(事業計画・予算等について、理事会で決定し、県教育委員会に報告の義務付け)
平成 2年 5月 体育協会創立60周年記念事業実行委員会の設置(H3年度実施)
平成 3年 7月 第49回国民体育大会愛知県実行委員会設立
平成 4年11月 体育協会創立60周年記念式典挙行
平成 5年 4月 寄附行為改定(理事「35名以内」を「30名以上40名以内」に、評議員「若干名」を「138名以上155名以内」に)
平成 6年 9月 第49回国民体育大会夏季大会(わかしゃち国体)開催する。
10月 第49回国民体育大会秋季大会(わかしゃち国体)開催する。
(天皇杯4,064.02 点第1位、皇后杯1,674点第1位)
平成 9年 3月 基本財産123,660,000円となる。
平成11年 3月 基本財産132,660,000円となる。
5月 会長 後藤淳氏就任(戦後7代目)
10月 寄附行為改定(名誉会長新設、理事「副会長6名」を「副会長6名以内」に)
平成16年10月 体育協会マークの作成
平成17年 9月 寄附行為改定(「評議員138名以上155名以内」を「118名以上155名以内」に)
平成19年 5月 会長 神田真秋氏就任(戦後8代目)
平成23年 2月 会長 大村秀章氏就任(戦後9代目)
平成24年10月 愛知県公益認定等審議会より公益財団法人として認定の答申
平成25年 3月 愛知県知事より公益財団法人として認定
4月 公益財団法人愛知県体育協会として登記完了